使わないと損!プレ化粧水のスゴい効果

HOME » はじめての方へ…プレ化粧水の使い方講座 » 【デイリーケア】洗顔・クレンジングの後に!

【デイリーケア】洗顔・クレンジングの後に!

ブースター(導入液)として使用されることの多いプレ化粧水。ブースターとは「後押しする」という意味をもちますが、その名の通り、化粧水などの浸透力を高め、スキンケアの効果を高めてくれるものです。

ブースターには、美容液や乳液、オイルなども含まれることがありますが、使い勝手のよさや用途の広さから、化粧水がおすすめです。

ブースター化粧品として使うプレ化粧水

基本的な使い方としては、朝晩の洗顔やクレンジングの後、化粧水をつける前に使用します。

プレ化粧水を使用することで、お肌にその後の基礎化粧品を受け入れるための土台を作るのです。

ブースターを使用したときと使用しないときとでは、化粧水の浸透率が30%も違うというデータもあるといわれるほど、化粧水や美容液をお肌に染み込ませる効果があります。

乾燥しがちな冬はもちろん、紫外線や冷房などの影響を受けやすい夏にも欠かせません。

加齢などにより、保湿をしてもお肌が乾いてしまうという人や、お肌のトラブルがあるという人には、ブースターを使うことでその後の化粧水や美容液の効果が高まり、肌トラブルの改善も期待できます。

現在使用しているスキンケアアイテムにブースターを1本加えるだけという手軽さもポイント。

高い化粧水や美容液に買い換える前に、プレ化粧水を使って、いままで使っていたスキンケアアイテムの効果を十分に引き出してみてはいかがでしょうか。

プレ化粧水のなかには、それ自体にも美肌効果が含まれているものもあるので、お肌に悩みをもっていたり、気になる成分があれば試してみることをおすすめします。

メイクの仕上げやメイク直しにも

プレ化粧水は顔だけでなく、入浴後のボディケアにも使用することができます。

サラッとしていて肌へのなじみがいいので、全身に使えますし、乾燥が気になるところは、プレ化粧水の後に、ボディクリームなどを使用すれば、さらに保湿効果が高まります。

メイクの仕上げやメイク直しにプレ化粧水を使おう

スプレータイプのプレ化粧水であれば、メイクの仕上げやメイク直しにも活用できます。

メイクの仕上げに顔全体にシュッとスプレーするとメイクが肌になじみ、もちがよくなります。また、メイク直しの前にプレ化粧水をスプレーし、ティッシュやコットンなどで余分な皮脂を拭き取ると、よれを防ぎ、きれいに直すことができます。